論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

クエン酸Naの効果と危険性|育毛剤の成分解析

更新日:

クエン酸Naは様々な化粧品に配合されており、育毛剤にもよく配合されている成分です。

クエン酸Naとはなんなのか、どんな効果があるのか、危険性はないのか、見ていきましょう。

 

クエン酸Naとは

クエン酸Naはクエン酸とナトリウムの化合物で、クエン酸を炭酸ナトリウムで中和させて、製造されています。

形状は粉末か無色の結晶。無臭で水に溶けやすい性質をもっています。

 

効果

クエン酸Naの役割

  • ph調整
  • キレート

クエン酸Naは人体に何かしらの効果を出すために配合されているのではありません。

製品の性質を整えたり、安定化させるために配合されています。

ph調整とは・なぜ必要?

クエン酸Naはphを調整する作用をもっています。

phは水素イオン指数というもので、簡単にいうと、酸性・中性・アルカリ性を表す数量です。

酸性やアルカリ性に偏りすぎていると刺激物になるので、phを中性(正確には弱酸性)よりに調整しなければいけません。

 

クエン酸Naはその調整のために配合されているのです。

ちなみに、クエン酸Naは弱アルカリ性なので製品をアルカリ性側に調整しますね。

 

キレートとは・なぜ必要?

クエン酸Naはキレート作用を持っています。

キレート作用は簡単に言うと、ミネラルと強力に結合する作用のことです。(正確には複数の配位座を持つ配位子による金属イオンへの結合)

この作用が起きたミネラルは他の物質に反応できなくなります。

ミネラルが他の物質に反応すると製品が溶け合わなくなったりと不都合があるため、キレート作用をもつ成分を配合する必要があるのです。

 

危険性

薄めていない場合は、皮膚に刺激、眼には重度の刺激となります。

薄めた状態では試験データがないため、安全性の詳細は不明です。

ただ、昔から多用されているにもかかわらず危険性の報告がなく、食品添加物としても利用されていることから考えると、危険な成分ではないでしょう。

 

まとめ

以上『クエン酸Naの効果と危険性|育毛剤の成分解析』でした。

育毛にとっては重要ではないけど、製品にとっては重要な成分ですね。

育毛剤を選ぶ際に気にする必要はなさそうです。

 

では、まとめです。

クエン酸Naは...

  • クエン酸とナトリウムの化合物。
  • ph調整・キレート作用をもつ。
  • 薄めていない場合は、皮膚に刺激、眼には重度の刺激。
  • 薄めた状態では試験データがないため、安全性の詳細は不明。
  • 刺激報告がなく、食品添加物でもあるため、安全だと考えられる。

+ 参考文献(クリックでひらく)

WEB

  • https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Sodium_citrate

 

 

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

1+

-その他成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.