論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

サンショウエキスの効果と安全性|育毛剤の成分解析

更新日:

サンショウエキスはアデノゲンを初めとした資生堂の製品に含まれています。

どんな効果や役割があるのか、安全な成分なのか、見ていきましょう。

 

サンショウエキスとは

山椒の果皮から抽出されたエキスです。

山椒は香辛料としてだけでなく、生薬としても利用されており、

胃炎に服用したり、かぶれ、ひび、あかぎれなどに塗布します。

 

有効成分

サンショウエキスには以下の有効成分が含まれています。

精油・香り成分

ジペンテン、シトロネラール、ゲラニオール、フェランドレン、オイゲノール

辛味成分

α-・β-サンショオール、サンショアミド

痙攣毒

キサントキシン(魚類にのみ強い毒性

麻痺性物質

キサントキシン酸、タンニン

フラボノイド

ヒペリン、β-シトステロール

 

効果・役割

サンショウエキスの効果・役割

  • 白髪改善
  • 保湿
  • 抗菌
  • 血行促進
  • 抗炎症
  • 抗酸化

白髪改善

サンショウエキスとポップエキスを組み合わせると、相乗作用が生じ、MITF遺伝子が活性化します。

MITF遺伝子の活性化はメラニンの産出につながり、白髪を改善します。

 

保湿

サンショウエキスに含まれるゲラニオールとタンニンには収れん作用があり、毛穴を引き締めることで肌の保湿に働きます。

 

抗菌

サンショウエキスに含まれるゲラニオールとオイゲノールには抗菌作用があります。

また、オイゲノールの抗菌性は特に黄色ブドウ球菌に有効だと報告されています。

 

血行促進

サンショウエキスに含まれるサンショオールとヒペリンにより頭皮に刺激を与え、血行促進する効果があります。

 

抗炎症

サンショウエキスに含まれるフェランドレンとヒペリン抗炎症作用があります。

 

抗酸化

サンショウエキスに含まれるタンニンには抗酸化作用があります。

 

β-シトステロールがAGAに有効?

サンショウエキスに含まれているβ-シトステロールですが、AGAに有効だということが報告されています。

 

植物由来の5αリダクターゼ阻害薬を用いた研究で、被験者の60%にAGAの改善が見られたようです。

参考:1

 

 

安全性

サンショウエキスの刺激性・アレルギー性

  • 刺激性あり
  • アレルギー性あり

 

基本的に、辛み成分には局所刺激作用があるため、サンショウエキスには刺激性があります。

また、サンショウエキスに含まれている成分を個別にみていったところ、刺激性のある成分とアレルギー性のある成分がいくつかありました。

まとめたものがこちら。

 

サンショウエキスに含まれている刺激のある成分

  • ゲラニオール
  • フェランドレン
  • オイゲノール

 

サンショウエキスに含まれているアレルギー性のある成分

  • ジペンテン
  • ゲラニオール
  • フェランドレン
  • オイゲノール

参考:12345

 

まとめ

育毛に良い成分のようですが、刺激性やアレルギー性もあるため、濃度に注意が必要です。

成分欄を見て、後ろの方に表記されていれば問題ないでしょう。

 

では、まとめです。

サンショウエキスは...

  • 山椒の果皮から抽出されたエキス。
  • 白髪改善・保湿・抗菌・血行促進・抗炎症・抗酸化の効果がある。
  • 刺激性とアレルギー性があるため濃度に注意。

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

1+

-アデノゲン, 育毛成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.