論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

ボタンエキスの育毛効果|29本の研究論文をもとに

更新日:

ボタンエキスはフィンジアやチャップアップなどに入っている成分です。

どのような効果があるのか、副作用はないのか、29本の研究論文から読み解いてみました。

 

ボタンエキスとは

ボタンエキスはボタン科植物ボタンの根の皮から有効成分を抽出したものです。

 

含有成分

ボタンの根の皮は、ペオノール、ペオノライド、ペオノサイド、ペオニフロリン、オキシペオニフロリン、ベンゾイルペオニフロリン、ベンゾイルオキシペオニフロリン、カンペステロール、βーシトステロール、安息香酸、タンニン、などを含んでいます。

 

ボタンエキスの育毛効果

ボタンエキスの効果は主成分である「ペオニフロリン」と「ペオノール」が主軸となっていると考えられるため、この2つに焦点を当てて、29本の研究論文をもとに効果をご紹介します。

育毛に関わる3つの作用

  1. 血管拡張
  2. 抗炎症
  3. 抗酸化

ボタンエキスは血管拡張・抗炎症・抗酸化作用をもつ

ボタンに含まれているペオニフロリンとペオノールは血管拡張・抗炎症・抗酸化、3つの作用をもっています。

→血管拡張は毛に届く栄養の増加、抗炎症は脱毛の抑制、抗酸化は皮脂の酸化を抑えることなどに役立ちます。

 

補足

ボタンの血管拡張作用の仕組みはまだ解明できていませんが、細胞内のカルシウムの濃度を一定に保つシステムが関わっているのではないかと考えられています。

ボタンの抗炎症作用は「IL-1β」「IL-6」を抑制することで発揮されます。「IL-1β」「IL-6」は脱毛の要因となる炎症にも関わっている物質です。また、「IL-10」という炎症を抑制する物質が増加することも確認されています。

ボタンの抗酸化作用は「ヒドロキシラジカル消去活性」により発揮されます。ペオノールとその代謝物が作用しているようです。

ボタンエキスは抗アレルギー作用ももつ?

育毛にはあまり関係がないかもしれませんが、ボタンに含まれるペオノールとペオニフロリンには抗アレルギー作用も報告されています。

2本の研究論文によると、マウスにおけるアナフィラキシー反応(急性アレルギー反応)が抑制されたとのこと。

まだ研究例が少ないため抗アレルギー作用があるとは断定できませんが、アレルギー反応を抑えることは間違いないでしょう。

 

ボタンエキスの副作用

400以上の研究論文のタイトルに目を通しましたが、皮膚への重大な副作用につながりそうな作用は見当たりませんでした。

育毛成分として使う程度では、まず副作用は出ないでしょう。

 

 

まとめ

以上、『ボタンエキスの効果と副作用|29本の研究論文から読み解いてみた』でした。

直接的な育毛効果はないですが、サポート力はある成分ですね。

特に抗炎症作用が強力っぽいので、頭皮が痛かったりピリピリしたりする人には効果がありそうです。

 

では、まとめです。

ボタンエキスは...

  • 血行促進・抗炎症・抗酸化作用をもっている。
  • 抗アレルギー作用もあるかも。
  • 頭皮に痛みがある、ピリピリする人におすすめの成分。

 

+ 参考文献(クリックで開く)

  • Protective effects of peoniflorin against hydrogen peroxide-induced oxidative stress in human umbilical vein endothelial cells.
  • Paeoniflorin, a monoterpene glycoside, attenuates lipopolysaccharide-induced neuronal injury and brain microglial inflammatory response.
  • [Protective effects of paeoniflorin against aBETA25-35-induced oxidative stress in PC12 cells].
  • Paeoniflorin inhibits inflammatory responses in mice with allergic contact dermatitis by regulating the balance between inflammatory and anti-inflammatory cytokines.
  • Paeoniflorin reduced BLP-induced inflammatory response by inhibiting the NF-κB signal transduction in pathway THP-1 cells.
  • Comparative studies of paeoniflorin and albiflorin from Paeonia lactiflora on anti-inflammatory activities.
  • Oral administration of paeoniflorin attenuates allergic contact dermatitis by inhibiting dendritic cell migration and Th1 and Th17 differentiation in a mouse model.
  • Paeoniflorin diminishes ConA-induced IL-8 production in primary human hepatic sinusoidal endothelial cells in the involvement of ERK1/2 and Akt phosphorylation.
  • Paeoniflorin attenuates Aβ1-42-induced inflammation and chemotaxis of microglia in vitro and inhibits NF-κB- and VEGF/Flt-1 signaling pathways.
  • Paeoniflorin improves regional cerebral blood flow and suppresses inflammatory factors in the hippocampus of rats with vascular dementia.
  • Biologically active principles of crude drugs. II. Anti-allergic principles in "Shoseiryu-To" anti-inflammatory properties of paeoniflorin and its derivatives.
  • Paeoniflorin suppresses inflammatory mediator production and regulates G protein-coupled signaling in fibroblast-like synoviocytes of collagen induced arthritic rats.
  • Paeoniflorin improves survival in LPS-challenged mice through the suppression of TNF-α and IL-1β release and augmentation of IL-10 production.
  • Paeoniflorin augments systemic Candida albicans infection through inhibiting Th1 and Th17 cell expression in a mouse model.
  • Paeoniflorin prevents endoplasmic reticulum stress-associated inflammation in lipopolysaccharide-stimulated human umbilical vein endothelial cells via the IRE1α/NF-κB signaling pathway.
  • Paeoniflorin ameliorates collagen-induced arthritis via suppressing nuclear factor-κB signalling pathway in osteoclast differentiation.
  • Anti-inflammatory and anticoagulative effects of paeonol on LPS-induced acute lung injury in rats.
  • Paeonol suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory cytokines in macrophage cells and protects mice from lethal endotoxin shock.
  • Anti-inflammatory and Anti-oxidative Activities of Paeonol and Its Metabolites Through Blocking MAPK/ERK/p38 Signaling Pathway.
  • Paeonol Inhibits the Proliferation, Invasion, and Inflammatory Reaction Induced by TNF-α in Vascular Smooth Muscle Cells.
  • Antiallergic effect of the root of Paeonia lactiflora and its constituents paeoniflorin and paeonol.
  • Inhibition of LPS-induced iNOS, COX-2 and inflammatory mediator expression by paeonol through the MAPKs inactivation in RAW 264.7 cells.
  • Vascular dilation by paeonol--a mechanism study.

 

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

0

-育毛成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.