論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

ラウラミンオキシドの効果と危険性|育毛剤の成分解析

投稿日:

ラウラミンオキシドは育毛剤「フィンジア・ブブカ」などに入っている成分です。

どんな効果があるのか、危険性はないのか、見ていきましょう。

 

ラウラミンオキシドとは

ラウラミンオキシドはカオチン界面活性剤です。

カオチンは陽イオンのことで、陽イオンとは+の静電気を帯びた原子や分子のこと。

水に溶けたときに+の静電気を帯びる界面活性剤なので、カオチン界面活性剤と呼ばれています。

 

役割+効果

育毛剤における主な役割

  • 殺菌
  • 柔軟性付与

殺菌

ラウラミンオキシドのようなカオチン界面活性剤は、細菌や微生物のタンパク質や糖類に吸着し、殺菌作用を起こします。

 

柔軟性付与

カオチン界面活性剤は発生した-の静電気を中和することで、柔軟性を高める効果があります。

シャンプー後など、髪が-の静電気を帯びた際に効果的です。

 

危険性

ラウラミンオキシドは刺激のある成分です。

ラウラミンオキシドの安全性を調べた研究によると、皮膚に対する実験で、濃度30%では重度の刺激、濃度3.7%でも軽度の刺激が出たようです。

ただし、育毛剤に配合される量は多く見積もっても0.1%以下だと考えられるため、刺激の心配をする必要はありません。

 

まとめ

以上、『ラウラミンオキシドの効果と危険性|育毛剤の成分解析』でした。

刺激が強い成分ですが、育毛剤に入っている量は成分表示順や必要性から見るに、かなーり低濃度なので問題ないかと思います。

 

では、まとめです。

ラウラミンオキシドは...

  • 水に溶けたときに+の静電気を帯びる界面活性剤。
  • 殺菌・柔軟性付与作用がある。
  • 刺激の強い成分。
  • 育毛剤においては配合量が少ないため、危険性なし。

+ 参考文献(クリックで開く)

安全性レビュー

  • Final Report on the Safety Assessment of Lauramine Oxide and Stearamine Oxide

界面活性剤について

  • 界面活性剤工業会 http://www.jp-surfactant.jp/surfactant/nature/index.html

 

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

2+

-その他成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.