論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

クジン抽出液の効果と副作用|アデノゲンの成分解析

更新日:

ここではクジン抽出液について解説していきます。

クジン抽出液は、まだあまりメジャーではないですが、非常に有能な成分です。

育毛剤においては血行促進が目的で配合されていると思われがちですが、実はそれだけではなく、驚くほど多くの効能を持っています。

クジンの効能と、どのような目的で育毛剤に配合されているのか、見ていきましょう。

 

クジン抽出液とは

まずはどのような成分なのかを簡単に説明しますね。

クジン抽出液は苦参(くじん)の有効成分を抽出したエキス。

苦参はマメ科クララ属の植物であるクララの根で、主に漢方薬・生薬として利用されています。

苦参が配合されている漢方としては、苦参湯、消風散、当帰貝母苦参丸料などが有名です。

 

また、アデノゲン製品情報ページの成分欄にソフォラ抽出エキスとありますが、これはクジン抽出液のことです。

学名が「Sophora flavescens(ソフォラ・フラベセンス)」なので、そこからソフォラ抽出エキスとなっているのでしょう。

 

ここでは一括して、クジン、またはクジン抽出液と呼ぶことにします。

 

効果

クジンの効果

  • 血行促進作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 抗癌作用
  • 5αリダクターゼ抑制作用
  • 美白効果

非常に多様な効果をもっていますね。

血行促進作用だけでなく、育毛の助けになりそうな作用がてんこ盛りです。

特に、5αリダクターゼ抑制作用があるので、高い育毛効果が期待できます。

ほかにも、抗癌作用や美白作用ももっており、「有能すぎるだろ」とツッコミたくなるのは僕だけでしょうか。

アデノゲンの製品紹介では血行促進作用しか記載されていないので、軽く見られているようですが、かなり有効性の高い成分だと感じます。

 

ここからは、各作用についての簡単な説明を書いていきます。

 

血行促進作用

クジンに含まれているフラボノイドには血行促進作用があります。

なぜか「クジンが血行促進に有効」だという明確な根拠は見つかりませんでしたが、一般的に知られているようなので、間違っているということは無いでしょう。

 

抗酸化作用

クジンの有効成分のひとつであるオキシマトリンは抗酸化に深く関与する酵素(スーパーオキシドジスムターゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼ)を活性化させることが確認されています。(神経化学雑誌『Neurochemistry International』を参照)

 

抗炎症作用

クジンは、炎症反応に深く関与しているインターロイキン-1という物質の産出を阻害し、炎症を抑えることが確認されています。(微生物学雑誌『Journal of microbiology』を参照)

 

抗菌作用

クジンの抽出物を用いた実験で、黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌・アクネ菌・枯草菌に対しての抗菌作用が確認されています。(学術雑誌『Journal of natural products』を参照)

 

抗癌作用

クジンの構成成分であるオキシマトリンによって腫瘍のアポトーシス(細胞死)が誘導される可能性が示されたとの報告があります。(生物学雑誌『BBRC』を参照)

 

5αリダクターゼ活性の抑制作用

クジン抽出液(参照雑誌ではソフォラ・フラベセンス抽出液)が5αリダクターゼの活性を抑制することが確認されています。(日本皮膚学会の公式雑誌『Journal of Dermatological Science』を参照)

 

美白効果

メラニン形成に深く関与する酵素「チロシナーゼ」の活性を阻害することが確認されています。(医薬品生物学雑誌『Pharmaceutical Biology』を参照)

 

育毛における効果

上記を見れば大体わかると思いますが、一応別で書いておきます。

クジンの育毛における効果

  • 発毛促進
  • 頭皮環境を整える

5αリダクターゼ抑制作用と血行促進作用があるため、発毛促進効果があります。

さらに、抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用により、頭皮環境を整えます。

 

副作用

内服におけるクジンの副作用

  • 腹痛・下痢
  • 味覚障害
  • 聴覚障害
  • 大脳麻痺

クジンの構成成分であるマトリンは優れた薬効がある反面、毒性も強い成分です。

一般的な使用での副作用としては腹痛や下痢など。

多量に摂取した際は、味覚障害や聴覚障害、大脳麻痺が引き起こされます。

 

これらは内服においての副作用なので、育毛剤のような外用では副作用が起きる心配はないでしょう。

少なくとも現時点では、外用における副作用の報告は見当たりません。

 

まとめ

以上、『クジン抽出液の効果と副作用|育毛剤の成分解析』でした。

血行促進目的だけかと思いきや、5αリダクターゼ抑制作用をはじめとした育毛に役立つ作用が多い成分ですね。

これらの効能がもっと認知されていけばクジン抽出液配合の育毛剤が増えるんじゃないでしょうか。

では、今回のまとめです。

 

要点のまとめ

  • クジン抽出液は苦参(くじん)の有効成分を抽出したエキス

クジン=クララ=ソフォラ・フラベセンス

クジン抽出液=クララエキス=ソフォラ抽出液

 

クジンの効果

  • 血行促進作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 抗癌作用
  • 5αリダクターゼ抑制作用
  • 美白効果

 

クジンの育毛における効果

  • 発毛促進
  • 頭皮環境を整える

 

内服におけるクジンの副作用

  • 腹痛・下痢
  • 味覚障害
  • 聴覚障害
  • 大脳麻痺

ただし、育毛剤のような外用では副作用が起きる心配はない

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

5+

-アデノゲン, 育毛成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.