論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

毛とその周辺の組織|役割と位置関係をザックリ説明

投稿日:

毛は「毛包から作られた糸状の形成物」です。

毛の定義は曖昧でしっかりと区別されておらず、どこからどこまでが「毛」なのかはハッキリと決まっていませんが、一般的には角化したものを指します。

三層構造になっており、外側から、毛小皮毛皮質毛髄質と呼ばれる。

 

毛包

毛包はその名の通り、毛を包んでいる組織です。

2重構造になっており、内側は上皮性成分、外側は結合組織性成分で構成されます。それぞれ上皮性毛包、結合組織性毛包と呼ばれ、上皮性毛包はさらに外毛根鞘と内毛根鞘に分けられます。

結合組織性毛包

毛包を覆っており、真皮と繋がる層です。

上皮性毛包

外毛根鞘(ガイモウコンショウ)

上皮性毛包の一つで、外側に位置する。外側は基底膜を境に結合組織性毛包と隣接し、内側は内毛根鞘の最外層(Henle層)と結合します。

 

内毛根鞘(ナイモウコンショウ)

上皮性毛包の一つで、内側に位置する。三層構造で、外側からヘンレ層、ハックスレー層、鞘小皮と呼ばれます。ヘンレ層は外毛根鞘と結合し、鞘小皮は毛小皮と絡み合っています。

 

毛球

毛包下部の膨らんでいる部分を「毛球」といいます。毛球の中心部には毛乳頭と毛母細胞があります。

毛乳頭

毛球の最も中心かつ最も下部に位置し、毛細血管とつながっています。

毛細血管からの酸素や栄養を分配したり、成長因子などを産生して毛母細胞をコントロールします。

毛母細胞

毛乳頭を取り囲む細胞のうち、もっとも内側に位置する細胞。また、メラノサイトを内包している。

その名の通り「毛の母」として、毛を作る働きをします。細胞分裂を繰り返し、細胞を押し上げていき、最終的に角化することで「毛」となります。

 

毛隆起(モウリュウキ)

外毛根鞘上部にある膨らみのことで、立毛筋の結合部に位置する。

立毛筋

立毛筋は外毛根鞘と真皮上層との間に位置する小さな筋肉です。寒さを感じると収縮して毛を立たせ、保温性を高める働きを持っています。

脂腺

毛脂腺は皮脂を産生する器官で、毛隆起よりも上方に位置します。

汗腺

汗を分泌する器官です。毛脂腺と同様、毛隆起よりも上方に位置します。

毛漏斗(モウロウト)

いわゆる毛穴で、脂腺よりも上方部分を指します。

基底膜

細胞層の間に存在する膜状の物質です。

 

さいごに

以上、『毛とその周辺の組織|役割と位置関係をザックリ説明』でした。

ここに書いてある知識だけでも覚えていれば、育毛関連の記事でも毛についての疑問がかなり減るかと思います。

毛の構造ってやっぱり図にしないとわかりにくいので、時間ができ次第作って挿し込みますね。

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

1+

-基礎知識

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.