論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

デキストランの効果と危険性|育毛剤の成分解析

更新日:

デキストランは育毛剤「フィンジア」にも入っている成分です。

どんな効果があるのか、危険性はないのか、詳しく見ていきましょう。

 

デキストランとは

デキストランはグルコースからなる多糖類のひとつです。

グルコースはブドウ糖のことで、多糖類は糖類が多数結合したもののこと。

つまり、デキストランはブドウ糖分子が多数結合したものです。

 

同じように増粘剤として使われるデンプンやセルロースと比べて溶けやすいため、化粧品などに配合しやすいのが特徴です。

反面、虫歯の原因になることが指摘されており、食品にはあまり適していません。

 

乳酸菌の一種である「リューコノストック・メゼンテロイデス」によりショ糖を発酵させることで生産されます。

 

役割+効果

デキストランの役割

  • 増粘

デキストリンは人体に何かしらの効果を出すためではなく、製品の粘り気を増加させるために配合されます。

育毛剤の場合、頭皮に留まらせるためにある程度の粘り気が必要なのです。

 

危険性

グルコースからなる成分のため、危険性はほとんどないと考えられます。

また、増粘剤につかわれるデキストランは高分子量なので、皮膚からはほぼ吸収されません。

吸収されないということは、何か良からぬ影響がでることもないでしょう。

アレルギー性

アレルギー性に関してですが、デキストランの投与でアナフィラキシー反応が起きた事例があるので、アレルギー性がないとは言い切れません。

ただ、デキストランを原因とした皮膚炎の報告は一切見当たらないので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

まとめ

以上、『デキストランの効果と危険性|育毛剤の成分解析』でした。

製品に粘り気をつけるだけで、それ以外には影響のない成分ですね。

育毛剤を選ぶ際には気にする必要はないかと。

 

では、まとめです。

デキストランは...

  • ブドウ糖分子が多数結合したもの。
  • 製品の粘り気を増加させるために配合される。
  • 皮膚からはほぼ吸収されない。
  • 皮膚への危険性はない。

 

+ 参考文献(クリックで開く)

安全性レポート

  • Safety Assessment of Microbial Polysaccharide Gums as Used in Cosmetics

WEB

  • https://chem.nlm.nih.gov/chemidplus/rn/9004-54-0

 

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

0

-その他成分

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.