論文をもとに発毛・育毛の真実を発信し続けるサイト

Rekami

低出力レーザー療法について【まとめ】

更新日:

低出力レーザー療法(LLLT)って?

低出力レーザー療法(LLLT)は2007年にFDA認可を受けた、最新のAGA治療法。簡単にいうと「弱い光線を頭皮に照射して毛の成長を促す」というものです。

日本ではまだ馴染みがありませんが、米国ではすでにメジャーな治療法として多くのAGA患者が利用しています。

 

効果

効果の真偽

治療法としては非常に新しいものであるため、未だ「本当に効果があるの?」と疑問視している方が多い印象ですね。

結論から申しますと、AGAの薄毛を改善する効果は「ほぼ確実に」あります。「ほぼ」としているのは保険みたいなもんでして、「ある」と断定できるぐらいの証拠は十分に確認できます。効果のないものをつかまされる、といった心配は無用でしょう。

 

効果の程度

気になるのが「どの程度の効果があるか」ですが、実は現在FDAが認めているAGA治療法の3つを比較した論文が発表されています。

具体的には、フィナステリド1㎎、ミノキシジル5%、低出力レーザーの3つが比較され、その結果がこちら。

 

フィナステリドが1位で、続いて低出力レーザー、ミノキシジルと、なっております。ミノキシジルよりも効果的だという結果になっているため、効果の程度としてはかなり優秀でしょう。

 

副作用

低出力レーザーによる副作用の種類と発生割合は、

  • 乾燥:5.1%
  • かゆみ:2.5%
  • 圧痛:1.3%
  • 刺すような痛み:1.3%
  • ほてり:1.3%

といった具合。重篤な副作用は、どの試験においても報告されておりません。

FDAが認めたAGA治療法の中ではもっとも安全だといえそうです。

 

効果と副作用に関してはこちらでさらに詳しくまとめております。

 

長所と短所

ここで、低出力レーザー療法の良し悪しを見ていきます。

まず、長所としては、

  • 副作用の心配なく使えるところ

そして短所は、

  • 初期費用が高い(4-10万円)
  • 低コスト品は照射時間が長くて面倒

といったところでしょうか。

※初期費用が高いといっても最長15年は使えるものなので、長期的に考えるとコストパフォーマンスは抜群に良い。

 

失敗しない低出力レーザー照射器

粗悪な製品も出回っているようなので、もっとも信頼性のある企業および製品を紹介しておきます。

Hair Max

低出力レーザー療法器は「ヘアマックス以外に選択肢はない」といっても過言ではないんじゃないかと思います。

その理由は、

  • 脱毛治療と育毛促進のための家庭用レーザー光線治療装置としてFDA認可を初めて取得
  • 低出力レーザー療法の有効性を最初に実証
  • 4つの論文を学術雑誌で掲載
  • 2000-2018年の間におよそ320もの雑誌に掲載
  • 54人もの治療結果を公開している

となっており、「低出力レーザー療法の先駆け企業で、確かな実績があり、透明性も問題ない」わけです。

ヘアマックス製を買っておけば失敗することはないでしょう。

 

ヘアマックス製品の詳細と購入

 

Hair Max

  • 8%割引コード:HMX2016

へアマックスについて知る »

 

 

役に立ったら下のグッドボタンをぽちっと。

根拠のある薄毛改善のための情報をもっと知りたい!」って人は、他の記事もチェックしてみてくださいな。

 

この記事は役に立った?

1+

-AGA, 低出力レーザー

Copyright© Rekami , 2020 All Rights Reserved.